>

フローリング用のモップ

便利な3Mマイクロファイバー

3Mマイクロファイバーは本体の方を一台買って、付属で取り替え用のクロスも一緒に購入すると、一台で乾拭きと水拭きが出来るようになります。

水拭きの場合の使用方法ですが、まずクロスを水道で濡らししっかりと絞ります。

そしてヘッドの部分にしっかりと取り付けます。
この3Mマイクロファイバーは、持ち手がスチール製で丈夫になっているため、水拭きで力がかかっても楽に掃除することができるようです。

クロスは大きめなので、効率良く拭き掃除をすることが出来ます。

例えば、キッチンは油が飛んでしまったりして、べたべたすることが多いですね。
この3Mマイクロファイバーがあれば、クイックルワイパーのシートよりもクロスがしっかりしているため、そういったべたべたのキッチンの床の汚れがきっちりと汚れが落ちます。

360°動くヘッド

この3Mマイクロファイバーは、ヘッドが360°動くようになっています。

ですので、家具と家具の間の狭い隙間などにも、ヘッドがさっと入って掃除することが可能です。
意外とホコリの付きやすい冷蔵庫の横の面なども、このファイバーでお掃除するとあっという間です。
また、この3Mマイクロファイバーはクイックルワイパーよりもきっちりとゴミを取ることができますので、お掃除ロボットなどで掃除をした後に、部屋の隅っこに残してしまったホコリなども簡単に取ることができます。

乾拭きをお掃除ロボットにお願いし、水拭きを3Mマイクロファイバーで行うというのもひとつの方法ですね。

また、寝室ではベッドの下の狭い隙間でも、ヘッドが360°動くためキレイにホコリを取ることができます。
クイックルワイパーでベッドの下を掃除すると、頼りない感じでしたが、こちらはクロスがしっかり固定してあるので、力強くお掃除することができます。


この記事をシェアする